早漏対策|薬に頼らず誰でも簡単に出来る早漏の対策法とは?TOP > 早漏の知識 > 早漏の定義として有力視されている定義がある

早漏の定義として有力視されている定義がある

 
早漏の定義として有力な考え方が示されたのは、2003年に開かれた性機能障害に関する国際コンサルテーション会議となっており、この会議では早漏の定義について3つのポイントが挙げられました。

セックスにおいて膣内での射精までに要する時間が2分以内であることや、射精を我慢できずコントロールができないこと、それに本人またはパートナーの心理的な苦痛を感じた場合が挙げられたのです。

こうして発表されたものは、早漏の定義として有力な考え方だと示されているのですが、一般的に言われている早漏の定義とそれほど変わりはありませんので、参考くらいで受け止めておけば良いでしょう。

また自分の意に反して射精してしまうのも、一般的な定義として示されていることがありますし、ある研究者は性交回数の半数以上でパートナーを満足させられなかった場合も早漏だと言っています。これから先、医学界でしっかりとしたものが決められていくと言われていますので、期待して待っていましょう。

早漏の知識記事一覧

多くの男性が悩むペニスの問題に包茎と早漏が多い

男性がペニスの悩みとして抱えているのが、包茎と早漏、それに短小と言われており、その中でも清潔感が全く無い包茎と、射精がすごく早すぎる早漏で悩んでいる男性が多いと言われています。...

早漏の定義として有力視されている定義がある

早漏の定義として有力な考え方が示されたのは、2003年に開かれた性機能障害に関する国際コンサルテーション会議となっており、この会議では早漏の定義について3つのポイントが挙げられまし...

包茎の人は早漏になる確率が高いというのは本当か

「包茎の人は早漏になる確率が高い。」という説があります。はたして、これには根拠があるのでしょうか。仮性包茎の場合、男性器の先端の亀頭の部分は、普段は皮で覆われています。その...

間違ったマスターベーションは過敏性早漏に繋がる

「過敏性早漏」とは、ペニスが敏感すぎることによって起こる症状です。一般的に、男性は思春期を迎えると、自然にマスターベーションをするようになります。最初は敏感なペニスも、マスターベー...